セカンドストリートで子どものものを売りました

セカンドストリートで子どものものを売りました

季節の変わり目に毎回利用するリサイクルショップがあります。セカンドストリートというお店です。

 

子どもの洋服や靴は、ワンシーズンでサイズが小さくなってしまう場合がほとんどです。

 

子どもの服は汚れてもよいように、ノーブランドのものも多いのですが、セカンドストリートはノーブランドの子ども服や靴も買い取ってもらえるので、とても重宝しています。

 

セカンドストリートでは、最初に買い取りをお願いすると、番号札を渡され、査定にかかる見込み時間を教えてもらえます。

 

査定が終わるまで、お店の中で売っているリサイクル品を見ながら待つことも勿論可能ですし、もし時間がかかるようであれば、「査定後に携帯電話に連絡をください」と頼むことも出来ます。

 

セカンドストリートでは、洋服や靴の他に、不要になったおもちゃやペットボトル飲料についてくるようなノベルティー、クリアファイルのような中古の文房具も買い取ってもらえます。

 

買い取り査定が終わると、「子ども服」などのカテゴリーごとに、「買い取ってもらえた商品が何点、それぞれの価格が何円」という査定結果の説明と、買い取ってもらえなかった商品の説明と返却があります。

 

ベビーカーなどは、安全基準を満たしているシールがないものは買い取り不可のようで、海外から直輸入したものは状態が良くても買い取ってもらえませんでした。
子ども服や文具などは、あまり状態が良くない場合や細々したものの場合、「5点まとめて5円」など、まとめて計算される場合もあります。

 

査定結果に納得した場合、身分証明書を提示し、サインをして買い取り成立となります。代金は現金で支払われますが、その際にポンタカードを提示すると、買い取り金額に応じてポンタポイントを付けてもらうことが出来ます。

 

付けてもらったポンタポイントは、他のお店でも使うことが出来ますが、そのポイントでセカンドストリートのお店で売っている商品を買うことも出来ます。

 

セカンドストリートは、比較的使用感があるものでも買い取ってくれるので、助かっています。